成功するキャバクラ経営

儲かるキャバクラを創るには

まずコンセプトが重要

「綺麗な女の子、可愛い女の子を揃えた」「営業広告も十分におこなった」これでお客さんはいっぱいくるだろうなんて非常に甘い考えです。
どんなに綺麗で可愛い女の子でも愛想が悪ければ指名客はつきません。
キャストとして魅力ある女の子でなくてはいけません。
売れるホステスにはある共通点があります。
①初めてのお客さんでも前からの知り合いのようなフレンドリーな振る舞い
②心のこもった笑顔ができる
③話上手で聞き上手
④お客さんを褒めるツボがわかっている
⑤甘え上手で守ってあげたくなる仕草
⑥以前にした会話を覚えている
⑦お客さんに興味をもっているフリ
⑧お客さんに惚れていると勘違いさせる
⑨お持ち帰りができそう(エッチできそう)と思わせる
⑩お付き合いできそうと思わせる
⑪スマホを使ったアフターフォローがマメで上手

全てが揃ったキャストが入店してくればいうことありませんが中々いないものです。
なので、お店側としては上記の項目をマニュアル化して売れるキャストを作り出すしかありません。

地域密着型のお店の雰囲気作り

新宿歌舞伎町には歌舞伎の、渋谷には渋谷の、赤坂には赤坂の、六本木には六本木の独特の雰囲気があります。
その地域にしっかりと密着したうえで各店舗の特色を上手にコーティングしていくことにより人気店が出来上がっていきます。
横浜ならば、横浜駅西口と関内、新横浜、福富町、桜木町ではお客さん層から雰囲気までまるっきり違います。
その地域のお客さんに沿った経営方針、お客さんに喜ばれ落ち着いてもらえるお店作りから逸脱してしまうと成功しずらいと思います。

情報をいち早くキャッチする事が大事

たった今!何処のお店が流行っているのか、何処の情報雑誌が流行っているのか、何処の情報サイトが流行っているのか、
何処の求人媒体が流行っているのか、どんなお酒が流行っているのか等を何処のお店よりも早くキャッチできるようにしていなければなりません。
自分では流行を把握しているつもりでも既に古い情報である場合が多く、その修正を直ぐにしなければ大きなマイナスを食らってしまう可能性があります。
一例をあげると、3年くらい前、求人がだんだん減っているお店がありました。
以前と変わらない方法で募集をかけ、以前よりもスマホサイトへの力を注いでいましたが段々と求人は減るばかり。
そのお店は電話番号とメールでの問い合わせにしていました。その頃から問い合わせの流行りはLINEだったのです。
SNSをはじめ、最近の情報の移りの速さはびっくりするほど早いのです。そのスピードに負けず情報を味方につけましょう!

[`buzzurl` not found]

行政書士 横浜リーガル法務事務所 問い合わせ€ 電話 問い合わせ€
行政書士 横浜リーガル法務事務所 問い合わせ€ 電話